いずし浪漫

【いずし浪漫】

創業から20年間醸造を続けてきたケルシュに代わる新しいフラッグシップビールとして開発しました。

ビールのデザインコンセプトは「苦味を抑えた飲みやすいIPA」。

アロマは華やかで甘く柔らかに、フレーバーはみずみずしくスッキリと、苦味はなるべく控えめにすることを意識して設計してあります。

当店では観光客などクラフトビールに馴染みの無いお客様が多いため、そういったお客様にもオススメしやすいようにコンセプトを設定しました。
初めて意識して飲むクラフトビールで、その後にもっと多様なクラフトビールの世界に関心を持っていただける様に期待を込めて醸造しております。

ビアバーなど店頭にて提供する際も、印象的な香りのわりに飲みやすいので、クラフトビールに馴染みのないビギナー向け商品としてご提供していただけると良いかと思われます。

パッケージ

1997年の創業から醸造してきたケルシュのボトルを踏襲したデザインのラベルです。

出石のシンボル「辰鼓楼」を描く切り絵は、切り絵作家久保修さんの作品です。
久保修さんオフィシャルサイト

  • 小麦麦芽を使用しエール酵母で中〜常温発酵させたウィートエール。
  • 副原料に地元産の無農薬ブルーベリーを使用している。
  • 苦味は控えめだが、大量に使用するアロマホップにより華やかなアロマを持つ。酵母由来のエステル香は控えめ。
  • 小麦由来のクリーミーな泡立ちと柔らかな口当たりに加えて、ホップ由来のトロピカルでフルーティなアロマが特徴的。
  • アロマの特徴:柑橘系(特にオレンジ)、パッションフルーツ
  • 使用ホップ:Equinox、Simcoe、Mandarina Bavaria、Callista、Cascade
  • 苦味:★★
  • 香り:★★★★
  • ボディ:★★★★
  • キレ:★★
  • 飲みやすさ:★★★★
  • Alc:5%
  • IBU:15
  • 副原料:ブルーベリー

ブルワーからのコメント

原料に使用する大麦と小麦の比率は4:5で濾過もしていないため、冷温白濁がかなりあります。
エール酵母を使用していますが、発酵温度は10度〜18度と低く、少し長めに発酵させています。
バナナやナツメグのようなエステル香はほとんど感じられませんが、小麦由来のみずみずしく柔らかい味わいがあります。

副原料のブルーベリーは、果実をすり潰し加熱殺菌したものを、ホップとともに二次発酵中に添加しています。
ファーストインプレッションは柑橘系の香りですが、グレープフルーツのような苦味を連想させる強めの香りではなく、タンジェリンオレンジのような酸味よりも甘みをイメージさせる柑橘系の香りです。トロピカルなパッションフルーツに似た香りもあり、トータルでは甘いアロマを持つビールという印象が強いです。(奥村)

ご注文はこちら